ヨーロッパ 家具

家具インテリア ヨーロッパ イギリス

ヨーロッパ家具の中でもイギリス家具は、デザインの素晴らしさだけでなく、実用的な家具として人気です。 女性的なデザインのフランスに比べ男性的な力強さを感じます。 日本で良く目にするイギリスアンテーク家具は、エレクティックスタイル(折衷様式)と呼ばれるものです

家具インテリア ヨーロッパ 

北欧の国々の冬は長く暗く鬱々とした気分になりがちだそう。 そんな環境だからこそ、部屋の中を明るくする工夫もされ照明器具も発展してきました。 様々な照明があります。 間接照明で、ほっこり感のある温かい光を多用して、厳しい冬の中でもお部屋はリラックスムードにす

家具インテリア ヨーロッパ フランス

お洒落なお部屋に住みたいと思うなら、パリジェンヌのお部屋を覗いてみたいです!! 自分の部屋にも取り入れたいアイディアが見つかるかもしれませんね。 パリジェンヌには、それぞれ独自の感覚で、アンティーク、モダン、オリエンタルなど自在にミックスしたインテリアを取り

家具・インテリア ヨーロッパ

日本で紹介されている、北欧インテリアは、ほぼ3つに分かれているのではないでしょうか。 ひとつは、ナチュラル系の白木を楽しむ家具にアースカラーでまとめたお部屋。 ふたつめは、家具はナチュラルでコーデは明るいカラフル・ビビットカラーの雑貨やファブリックを取り入

家具インテリア ヨーロッパ フランス

日本では「お姫様ルーム」をつくる女の子達がいっぱいいます。 ショップには、家具インテリアも小物も充実しています。 しかし、なんと、お姫様ルームのルーツは、16世紀~18世紀初頭ヨーロッパに広まったバロック様式です。 曲線や楕円を多く用いて豪華絢爛な装飾が特徴

家具インテリア ヨーロッパ

北欧に限らず、寒い国には、今でも薪ストーブが販売されています。 友人の部屋にもあり、ポトフのお鍋を置いて温めていました。 19世紀を舞台にした、モンゴメリ作の「赤毛のアン」シリーズでも、薪ストーブがキッチンにあり、煮たり焼いたりの云わばガステーブルの役を果

家具インテリア ヨーロッパ フランス

16世紀~18世紀初頭までヨーロッパに広まった様式に「バロック様式」があります。 曲線美や楕円を多く用いた豪華絢爛な装飾が特徴です。 ベルサイユ宮殿がその最たるものです。 しかし、余りに装飾過多で、「バロック」はベルサイユに君臨した、ルイ15世を揶揄した

家具インテリア ヨーロッパ

北欧のモノトーンでまとめたお部屋は、北欧の寒く冷たい冬を追い出すのではなく、中に逆に取り込んで、スタイリッシュを極めたかに思われます。 寒い冬景色は北欧の人々にとって、単に嫌なものではないと思います。 美しいものでもあります。 同じ雪国で育った私にはそんな風

家具インテリア ヨーロッパ スイス

スイスといえば、日本人にとっては、時計とかチョコレートの名産地。 あとは美しいアルプスの自然の中で駆け回っている「アルプスの少女ハイジ」のイメージが強いです。 実際、スイスのマイエンフェルトにハイジのモデルとなった家が再現されています。 なにもかも質素で

家具インテリア ヨーロッパ

北欧ならではのリサイクル精神を発揮しているベッドがあります。 すのこをベットフレームに使っているものです。 すのこは通気性も良いだけではなくインテリとしてもお洒落を演出しています。 すのこは、ベッドだけでなく、アレンジして様々な家具にできます。 壁に取り
「海の宝石」ガルーシャレザー(エイ革)
検索ボックス











ランキングetc

ブログランキング
  • SEOブログパーツ
track feed これ欲しい!Now
QRコード
このサイトは携帯にも対応しています。
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0
1位
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」
英語バイリンガル育成プログラム
「リスニングパワー」
2位
ネオ・英会話習得法
ネオ・英会話習得法
3位
7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム
7日間でネイティブ脳を作る
「超速」英語育成プログラム