日本で紹介されている、北欧インテリアは、ほぼ3つに分かれているのではないでしょうか。

ひとつは、ナチュラル系の白木を楽しむ家具にアースカラーでまとめたお部屋。

ふたつめは、家具はナチュラルでコーデは明るいカラフル・ビビットカラーの雑貨やファブリックを取り入れたもの。
それから、ホワイト、グレー、ブラックでまとめたクールなお部屋。

その中でも日本人の女性の間で、注目されているのは、二つ目のカラフル・ビビットのお部屋では??
北欧は冬が長く一日のほとんどが薄暗い中で生活します。

そんな環境から、お部屋の中は居心地よく明るく過ごしたいという考えから、カラフル・ビビットカラーで春や夏を演出するようになったそうです。

北欧の壁と言えば白。
なるべく明るくしてくれる色ですね。
床も白で統一したり、フローリングの素朴さを残したところからカラーコーデが始まります。

この時、結構重要になってくるのは、大きく目に入るソファやラグです。
引き立て役です。

おススメのソファがあります。

<グラニート>
1人から3人掛けのソファ、オットマン付き 
       10,900~49,900¥
主張し過ぎない抑えたグレーがおススメです。
高めの背もたれにはくるみボタン。
背面も同じ生地が張ってあります。
お部屋の真ん中にも置けます。

グレーソファには、アクセントをつけた大小のたっぷりクッションが欲しいですね。
グレーのお色には幅広い色のクッションがをコーデできます。

壁のインテリアに力を入れるとかなり違ってきますね。

定番マリメッコのファブリックや、北欧ポスターをフレームに入れたり、ポスターをハンガーにクリップで留め壁に掛けたり、マキシムテープでランダムに貼ってみるのも面白いです。

カラフルなフラッグガーランドを天井に飾れば、さらにポップなお部屋に変身。

ごちゃごちゃ感を抑えるのに、芝生を思わせるグリーンのラグはいかがでしょう。
とても落ち着きます。

私の好みではラグの毛足は程ほどが好きです。
毛足ふさふさのグリーンラグはお掃除大変、冬は活躍してくれますが、で夏には使えない暑苦しさ。

それと、部屋のおちこちに、観葉植物のグリーンがあるのも良いですね。
白い壁に緑は映えます。