良質な輸入家具に興味のある方なら、オークションに参加したいと思うはず。

でも、初めてだったら、どこから始めたらいいのか良く解らない。
不安も一杯ですね。

そんな場合には、輸入代行サービスを行う企業が国内にあります。

お客様に代わってオークションに参加し入札してくれます。
ここでは、海外で開催の日本では入手が難しい作品などを手掛けるものです。

まず第一段階として、家具のコンディションを確認。
木の部分やマーキングの有無から細部まで。
これをレポートにしたものと、詳細な画像を併せて、お客様に案内してくれます。
それから、打ち合わせをして予算を決定。

そして、いよいよオークション参加です。
会場で直接入札する。
会場の電話担当者を通して入札する。

ネット上で入札する。
等、他にも様々な方法があります。

落札したお気に入りの高級家具。
手元に届くまで、国内でもう一段階があります。

入荷後に行うメンテナンスです。

木製の家具は古い塗装、キズを取り除き木材の特性に合った仕上げをします。

それから、納入前には商品の撮影をします。
再度、商品の画像と洋細をお客様に送り問題なければ納入です。

梱包も当然、壊れやすい処は重点的に養生します。
配送中に傷まないよう、細心の注意と配慮を行った梱包を全体に施します。

届けた時には、廃材・梱包材料全て撤収してくれます。

代行業者に一任すれば確実です.
でも、いつか、渡欧してオークション会場のムードを楽しみ自分の手で入札してみたいなあと夢が広がります。