体型を隠すために大きめのサイズを選ぶのはまちがいです。
スタイルコーディネートのコツをつかめば、体型をカバーする「着やせ」を可能にします。

まずは、目の錯覚を利用しましょう。

同じ形の服でも分割線の位置によっては、胴体の長さが違って見えます。
すらりとしたスタイルに見せるには、目線を高い位置に集めることがポイントです。

細く背を高くみせようと考える場合は、縦のライン(ストライプ)を強調してください。
さらに、ストライプの幅がより細いほど、すっきり効果が大です。
センタープレスのパンツや、サイドに縦のラインが入ったアイテムは、足を長く細く見せる効果が高いです。

腕を細く見せたいなら、七分丈のベルスリーブがおすすめです。

着痩せして見せる最大の早道は、ほっそりと女らしいパーツを強調することです。
そのため華奢な手首をアピールできる七分袖のアイテムはもってこいです。
理想は、肩や二の腕などの太さを感じさせない、少しゆとりのある袖のものが良いでしょう。

また、トップ・ボトムともボリュームを抑え、ほっそりとしたアイテムを選ぶことが重要です。
細く・長くを演出できるアルファベットの「I」文字の様に、全身で縦に長い長方形のIラインシルエットを意識してコーディネートしましょう。

ただし、トップが長すぎると上半身が長く見えるので注意してください。

Xラインは、メリハリのある女らしさを演出できるアルファベットの「X」文字の様に、Xラインのシルエットになります。

ベルトをキュと締め、ウエストの細さをアピールするXラインで、女性らしいメリハリシルエットを作ることができます。