いつの間にか服のセンスが良くなっていたり、おしゃれな着こなしができるようになる方法を解説します。

まず無印良品やユニクロのカタログをチェックします。

商品カタログはその道のプロが作っていて、その商品を販売する企業の売上を左右するほど大切なものなので、企業としては力を入れて当然です。
私たちのような一般人が自分の頭の中でコーディネートを考えるよりも、プロが選んだコーディネートを参考にした方がよっぽどおしゃれな着こなしができるはずです。

また無印良品やユニクロの服は特定層の消費者に向けてではなく、幅広い年齢層のユーザーをターゲットにしているため、多くの人が似合うように、他の服とのコーディネートがしやすいように、シンプルかつ飽きがこないように作られていると言えます。

そして次に、自分にできそうなコーディネートがあったらそれを参考にして取り入れましょう。

ただこの場合気を付けることは、カタログに掲載されているモデルが着ている服を、そのまま一式買うのはNGです。

最後に、実際に試着してみて、自分がイメージしたとおりの着こなしができそうであれば買えばいいし、そうでなければ、また別のコーディネートを探しましょう。
他のお店で似たような服を探すという選択肢も全然アリです。

大切なことは、どんな服と合わせるのかを考えないで新しい服を買うことと、あらかじめ合わせる服を考えた上で新しい服を買うことはまったく違うということです。

この点を頭の片隅に入れた上で服を選ぶようにすると、いつの間にか服のセンスが大幅にレベルアップしていたり、自分でも気づかないうちにコーディネートのバリエーションが増えていたりしますので一度試してみて下さい。