TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の愛犬のしつけ講座

犬の口臭の原因

犬の口臭の原因は食べ物にあると言われています。
人間と同じで、ニンニクばかり食べているとニンニク臭くなるのでしょう。
それでは犬の場合は何を食べさせればいいのでしょう。
ハーブを含んだ餌がいいと言われています。
犬の口臭予防のための餌として販売されているのです。
あなたの犬はどうでしょうか。
餌が原因で歯垢が溜まり、歯周病になってしまいます。
歯磨きは必須と言われていますが、適切な餌を与えていれば、それだけで口臭は軽減できるのです。
愛犬と言え、毎日歯磨きに付き合うのは大変です。
できることなら、簡単に済ませてしまいたいのです。
口臭の原因としてもう一つ考えられるのは病気です。
胃腸の病気で下痢や嘔吐をしていると、どうしても口臭が臭くなります。
餌は変えていないのに急に口臭が気になりだしたら、病気を疑うべきでしょう。
最近の犬はペットですが人間よりも贅沢な暮らしをしているケースも少なくありません。
そのために人間と同じ病気になるのです。
糖尿病や高血圧も犬の病気の一つと考えられます。
部屋の中で飼っていると、運動不足になってしまいます。
その上、高カロリーの食事をしているのですから、当然かもしれません。
犬の口臭は歯磨きやサプリメントと安易に考えるのではなく、その奥に潜む真の原因を突き止めることが愛犬のためになるのです。
長生きをさせたいと思うかもしれませんが、健康でなければ意味がありません。
可愛がるだけではなく犬のためになることを考えてください。

コメントは受け付けていません。