おしゃれコーデの基本配色テクニック

Pocket

おしゃれが得意な人はコーディネートに使う配色がバツグンにうまいってご存知ですか?
洋服の配色のうまさって、ちょっとしたコツを知っているか知らないかで大きく変わります。
もし今までおしゃれが不得意だとか、ファッションセンスがないだとか思っていた人は、今回ご紹介する配色テクニックを覚えておきましょう。
まず洋服の配色で大切なのは、コーデの色数を2、3色までにおさえることです。
こうすると配色にまとまりがでます。
しかし、ムリにまとめて1色にするのはNGです。
1色で作るワントーンコーデは逆に難しく、もっさりとした着こなしになってしまう危険性があります。
ベースとなるベースカラーをしっかり決めることを意識しましょう。
黒でもグレーでも青でもよいので、ベースカラーの面積が多めになるように、まずトップスかボトムスに配置してみましょう。
次に、ベース、サブ、アクセントの色を合わせることです。
配色は、ベースカラーが一番割合が多く、アクセントカラーは一部だけです。
これらの色のうち、ベースとアクセント、ベースとサブ、サブとアクセントというどれかの組み合わせで色調を合わせるようにします。
例えば、ベースを濃紺にした場合はアクセントに濃い目の青を持ってきたり、ベースを茶色にした場合はサブにワインレッドを持ってくるなど、似た系統で合わせるようにします。
そうすると見た目の色のばらつきをおさえて、まとまりのあるコーデを作れます。
これら基本配色のコツをしっかり押さえて、自分なりに可愛く応用してみてください。

コメントは受け付けていません。