ヨーロッパ 家具

家具インテリア ヨーロッパ ゴッシック

ゴシック様式は、もともと12世紀前半にパリを中心にフランスで興りヨーロッパ各地へ広まりました。 家具の特徴としては、垂直を強調。 シンメトリーなデザイン。 豪華な彫刻や装飾です。 元々の歴史的なゴシック様式は、ちょっと横に置いておいて、 現在外国でも日本で

家具インテリア ヨーロッパ

映画「かもめ食堂」を観て、あまりの新鮮なお洒落さに、自分もキッチンを変えてみたいと思いました。 水色を壁に取り入れているだけでも北欧の佇まいが粋で素敵です。 もし、新築やリホームを考えている方が北欧ファンなら、押さえておきたいポイントは、それぞれ沢山ありま

家具インテリア ヨーロッパ オーストリア

オーストリアは言わずと知れたワインの国ですね。 「秋のワイン習慣」があったり「白ワイン王国ブルゲンラント」などワイン・フェスティバルが盛況です。 高級ワインのイメージもあります。 このワイン樽を使ったとてもユニークな遊び心一杯の家具をご紹介します。 <ビー

家具インテリア ヨーロッパ

北欧家具に、こだわりを追求するとたどり着くものは「椅子」ではないでしょうか。 フィンランドには「一脚の椅子があれば充分」とい言葉があります。 これは、真の本物を持っていれば、それだけで満足であり豊な生活であるという意味です。 国民的デザイナーアルヴァ・アア

家具インテリア ヨーロッパ イタリア

イタリアモダン家具素敵ですね。 シンプルであらゆる無駄を削いで、斬新なデザイン。 そこに漂う高級感。 新しい素材を自在に使いこなしています。 色使いまでシンプル。 デザイン性と実用性を兼ね備えています。 20世紀の中頃に生まれ、イタリアモダンは、「ネオ

家具インテリア ヨーロッパ

北欧では、リビングでもキッチンでもゴミ箱を目にしないそうです。 なんと24時間何時でも捨てることが出来るゴミ置場があります。 だから、家の中に溜め込む事も無いのです。 公共のゴミ捨て場を24時間にしても寒冷地の環境のお蔭なのでしょうか。 臭いも酷くないのか

家具インテリア ヨーロッパ イタリア

イタリア人のお宅には、年代ものの重厚なアンティーク家具があるのが一般的。 木材や大理石など天然素材の家具たちは、使い込んで年月が経つほどに味が出てきます。 何故、アンティーク家具をこんなに長持ちさせて、使い続けられるのでしょう。 ひとつには、アンティーク

家具インテリア ヨーロッパ

良質な輸入家具に興味のある方なら、オークションに参加したいと思うはず。 でも、初めてだったら、どこから始めたらいいのか良く解らない。 不安も一杯ですね。 そんな場合には、輸入代行サービスを行う企業が国内にあります。 お客様に代わってオークションに参加し入

家具インテリア ヨーロッパ イギリス

イギリス家具といったら、外せないのが、近代デザインの創始者。 ウイリアム・モリス(1834年~1896年) 芸術家であり、デザイナーもであり。 詩人でもありました。 産業革命以後は、機械による大量生産の時代が到来しました。 それは職人達にとって逆境の時代

家具インテリア ヨーロッパ 

北欧の、スエ―デンでは1日に何度もお茶(フィーカ)の時間を持ちます。 スカ(ska)フィーカ(fika)?「お茶しない?」 お茶を飲みながら会話を楽しむという、とても羨ましい習慣です。 会社の同僚とオフィスで、友達とカフェや公園で、家族とリビングで。 北
1位
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」
英語バイリンガル育成プログラム
「リスニングパワー」
2位
ネオ・英会話習得法
ネオ・英会話習得法
3位
7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム
7日間でネイティブ脳を作る
「超速」英語育成プログラム