犬としつけの心構え

TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の愛犬のしつけ講座

犬のしつけに関する情報はたくさんあります。
インターネットを調べてみると犬のしつけの心構えが書かれているのです。
これは飼い主の心構えのことであり、犬のしつけとはどうあるべきかを説明しているのです。
言い換えれば、説明しなければわからない飼い主がいかに多いかと言うことを示しています。
犬が吠えると困っている飼い主にはしつけの意味が理解できていないのでしょう。
飼い主の心構えをしっかりと理解しておけば、犬との関係は自然と良好になります。
仲良くなるのではなく、飼い主がリーダーで犬はその指示に従うのです。
吠える犬を叱る時も感情で叱るのではなく、理路整然と叱ることです。
示していることが毎回変わってしまうと、犬はどの行動が正しいのか理解できなくなります。
可愛いとかかわいそうと言った感情はしつけの世界では弊害となります。
トレーニングは犬のためにやっているのであり、ひいては飼い主のためになるのです。
目先のことだけを考えている飼い主はその資格がないと思ってください。
犬が興奮している状態の時には、飼い主も慌ててしまうことが多いのですが、犬のペースに合わせてはいけません。
犬が落ち着くのをじっと待てばいいのです。
リードをしっかりとつかんで離さないようにしてください。
強い力で犬を自分の方に近づけます。
飼い主から近づいてはいけません。
感情的に怒りを犬にぶつけてはいけません。
叩いたり怒鳴ったりしても犬のしつけにはならないのです。

森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

コメントは受け付けていません。