犬と病気

TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の愛犬のしつけ講座

の病気はたくさんありますが、その多くの原因は食事にあります。
口臭の原因となる歯周病は犬が普通は食べない甘いものなどを食べることによります。
歯周病の場合は歯磨きやデンタルケアサプリメントを利用すれば、口臭を防ぐことができるでしょう。
しかし、内臓の疾患の場合は病院で適切な治療をしてもらわなければなりません。
口臭が気になると言うことを軽く考えずに、重大な病気の前触れではないかと考えてみましょう。
もちろん、単なる口臭である可能性もあります。
大げさになる必要もないかもしれません。
内臓の病気で口臭がひどくなるのは犬だけではなく人間も同じです。
ただ、犬の場合は飼い主が与える食事の内容によって、病気になるかどうかが決まります。
健康な犬でいてほしいと思うなら、食事の内容をしっかりと考えてください。
病気になれば治療をしなければなりません。
高齢の場合は全身麻酔をすることは生命の危険を伴いますから、避けるのが普通です。
したがって、手術ができないこともあるのです。
どうしても手術が必要であれば、重大な覚悟をしておかなければならないと言うことです。
口臭は年齢と直接的な関係はありません。
ただ、急に口臭が強くなったと感じる場合は何らかの病気を疑うべきでしょう。
そして、そのために適切な治療を受けさせることが大切です。
愛犬を可愛がるだけではなく健康を気遣うことも大切です。
いつまでも健康で長生きをしてほしいと願うからです。

森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

コメントは受け付けていません。